矢名樹ヒロタカの「お名前だけお借りします。」

有名人のお名前を「名前の法則」に基づき紹介、分析していきます。

藤山寛美さん【お名前診断】[母音占い]

勝手にお名前診断 (第274回)

 

この「勝手にお名前診断」では、有名人をお一人ずつ紹介すると共に「名前の法則」的見地から、芸能界のどのジャンルに向いているかなどの適性を診断していこうと思います。

 

第274回目の今日は藤山寛美さんです。

このお名前は芸名です。

 

ローマ字で書くとFUJIYAMA KANBIとなり、

苗字の最後と下の名前の最初の母音が同じ「ア」である事がよくわかります。

この様なお名前を「名前の法則」の世界では、苗字と下の名前のつながりがなめらかで言いやすい事から“なめらかネーム”と呼びます。

“なめらかネーム”の特徴は男女を問わず俳優業に強く、ヒット作や当たり役に恵まれやすいという特性があります。

blog.housoku.work

 

本名は稲垣完治(いながきかんじ)といいます。

明治から大正時代にかけて大阪の道頓堀に存在した劇団、成美団(せいびだん)の俳優藤山秋美(ふじやましゅうび)さんの末男に生まれた稲垣完治少年は、病気で他界した父の“藤山”を継承して芸名を藤山寛美とし、1933年(昭和8年)に4歳で初舞台を踏みました。

その後二台目渋谷天外(しぶやてんがい)さんの誘いで13歳の時に松竹家庭劇に移ります。

終戦前後の混乱の中で慰問隊として旧満州に渡ったり、中国のハルビン市でキャバレーのボーイや靴磨きをしたりしながらも1947年に帰国し、二台目渋谷天外さんが中心となって創設された松竹新喜劇に参加する事となりました。

そして51年、天外さん作の「桂春團治(かつらはるだんじ)」の舞台で演じた酒屋の丁稚(でっち)役が批評家や演劇評論家から高く評価され、たちまち人気者となったのです。

渋谷天外さんと藤山寛美さんのコンビは松竹新喜劇の二大看板として大勢のお客さんを集めましたが、俳優の子に生まれた事もあってか昔ながらの俳優・芸人気質(宵越しの金を持たない)であった為、毎晩の様に夜の街を豪遊していたといいます。それは本人だけでなく母親からも「遊ばん芸人は華が無うなる」と教えられていたそうです。

バーのボーイにチップとして車のキーを渡すなど、今では考えられない様なお金の使いっぷりでしたが、その分知人に騙されてお金を貸す事も多く(当然返ってこない)、いつしか借金をしながらも豪遊する様になり、66年には当時の金額でおよそ1億8千万円の負債を抱えて自己破産してしまいました。

そのせいで松竹芸能からもマネジメント契約を解除され、松竹新喜劇にも出演できなくなります。

寛美さん不在の時期はミヤコ蝶々(ちょうちょう)さんと南都雄二(なんとゆうじ)さん夫妻を迎えて新・松竹新喜劇を展開するも以前ほどの客足は伸びず、渋谷天外さんが脳出血で倒れた事もあって、松竹は寛美さんの借金を立て替えてまで、再び舞台に呼び戻す事となりました。

そうして返り咲いた寛美さんは松竹新喜劇の中心となり、1970年代は「藤山寛美3600秒」と題して松竹新喜劇の模様がテレビのゴールデンタイムで毎週放送されるなど、正に黄金時代となりました。

 

◉日本(西)の喜劇王

 

全盛期の松竹新喜劇の醍醐味は、何と言ってもラストで藤山寛美さん演じる(阿呆な)丁稚が泣くシーンです。何をやっても失敗ばかりで上手くいかなかった丁稚が困り果てた挙句、みっともない程わんわんと大声で泣きわめくのが定番でした。

ところがその丁稚が泣いた瞬間、会場のお客さんからは大きな拍手が沸き起こるのです。舞台の主役が涙を流しているのに、客が喜び笑っている。これは他の芝居なら異様な光景です。

では何故そんな不思議な現象が起きるのか?

それは丁稚が何度も失敗しながらも、彼なりに一生懸命取り組んできたからなのです。

頭が悪いなりに一生懸命考え、真剣に頑張ってきた姿をお客さんが見ていたからこそ、「よっしゃよっしゃ(よしよしの関西弁)、お前はどう仕様もない阿呆やけど、阿呆なりによう頑張ったな。」という哀れみと賛辞が入り混じった感情が、拍手となって沸き起こるのです。

これがもし丁稚がヘラヘラと笑いながら、ふざけてやっていたらそんな拍手は起こらないでしょう。

藤山寛美さんは丁稚を演じる時、ほとんど笑う事はありませんでした。演者が笑うと一生懸命さが伝わらないと、どこかで分かっていたのでしょう。

これはかの喜劇王チャップリンにも通じるものがあります。チャップリンも映画で主人公を演じていた時、ほとんど笑顔を見せませんでした。当の本人はいたって真剣に取り組んでいても、周りで様々なハプニングが起こる。本人が真剣だからこそより面白く映る。それがチャップリン無声映画の魅力であり、喜劇の真髄です。つまり笑うのは見ているお客さんであり、演者(コメディアン)は笑ってはいけないのです。

かつて「日本の喜劇王」と呼ばれた“エノケン”こと榎本健一 (えのもとけんいち)さんを東の喜劇王とするなら、西の喜劇王は間違いなく藤山寛美さんでしょう。

 

芸名を母音ではなく文字で見ると(ふじやまんび)、本名も(いながきかんじ)と、どちらも「か」や「き」が入る“お・か・きネーム”になります。

blog.housoku.work

松竹新喜劇に復帰後、20年間1日も休まずに舞台に立ち続けたという逸話が残っていて、財布の紐はゆるくても自分と芸事には厳しかったと思われます。

しかしそんな無理が祟ったせいか、1990年に60歳の若さでこの世を去りました。

 

五人の子供(うち二人は連れ子)は全員娘であった為、後継者はいないと思われましたが、三女(実子の中では長女)にあたる直子さんが、祖父と父の芸名を踏襲して藤山直美(ふじやまなおみ)と名乗り、女優兼喜劇役者として後を継ぐ事となったのです。

藤山直美さんも“なめらかネーム”です。)

さてこの“藤山”という苗字、文字で見ると(ふじやま)と「ふじ」が入る“ふじさんネーム”でもあります。文字で見ると言うより読み方を変えると(ふじさん)とも読めるので生粋の“ふじさんネーム”ですね。

blog.housoku.work

これは褒め言葉として捉えてもらいたいのですが、藤山寛美さんは決して“二枚目”ではありませんでしたし、藤山直美さんも決して“美人女優”ではありません。それでもこの“ふじさんネーム”の俳優は「実力派」と呼ばれる方が多いのです。

藤山直美さんも「実力派女優」と呼ばれていますよ、ね。

また、五女(実子の中では三女)にあたる美千留さんの長男(寛美さんの孫)で俳優として活動していた酒井扇治郎(さかいせんじろう)さんが“藤山”の名を受け継ぎ藤山扇治郎と改名して松竹新喜劇に入団しました。

藤山寛美さんの意志は、その名前と遺伝子と共に浪速の演劇界に受け継がれているのです。

 

この様に有名人のお名前を母音や文字に注目して分析すると、名前のタイプによって芸能界のどのジャンルに向いているかが見えてくるのです。

もっと詳しく知りたいと思った方はこちらをご覧下さい。

これからもいろんな芸能人の方を、名前の特性とともにご紹介していくつもりです。

 

ではまた次回をお楽しみに。

 

藤田まことさん【お名前診断】[母音占い]

勝手にお名前診断 (第273回)

 

この「勝手にお名前診断」では、有名人をお一人ずつ紹介すると共に「名前の法則」的見地から、芸能界のどのジャンルに向いているかなどの適性を診断していこうと思います。

 

第273回目の今日は藤田まことさんです。

このお名前は芸名です。

 

ローマ字で書くとFUJITA MAKOTOとなり、

苗字の最後と下の名前の最初の母音が同じ「ア」である事がよくわかります。

この様なお名前を「名前の法則」の世界では、苗字と下の名前のつながりがなめらかで言いやすい事から“なめらかネーム”と呼びます。

“なめらかネーム”の特徴は男女を問わず俳優業に強く、ヒット作や当たり役に恵まれやすいという特性があります。

blog.housoku.work

本名は原田 眞(HARADA MAKOTO)といい、こちらもなめらかネームですね。

 

無声映画時代のスター、藤間林太郎(ふじまりんたろう)さんの次男に生まれた藤田まことさんは、父の影響で関西を中心とした芝居の一座に参加するようになり、17歳の時に歌謡ショーの公演で初舞台を踏みました。

芸名の“藤田”もこの時に名付けられました。おそらく父親の芸名から“藤”の字を取ったのでしょう。

しかし藤間林太郎さんは昔ながらの役者気質で家庭を顧みないタイプだったので、あまり宛てに出来ないと考えた藤田まことさんは歌手を目指して上京し、ディック・ミネさんのかばん持ちをしながら前座の歌手として修行を始めました。

1年程で関西へ戻ったある時、病気になった司会者の代役を務めた事をきっかけに司会の仕事もする様になります。

すると漫才コンビ中田ダイマル・ラケットから司会をやめて役者にならないかと助言(スカウト)され、ダイマル・ラケット劇団に入団する事となりました。

そうして1957年、コメディー時代劇「ダイラケのびっくり捕物帖」でテレビに初出演すると、4年後に「笑いの王国」のCM(当時は生放送が主流)に出演して街でも声を掛けられる様になりました。

そして62年、「てなもんや三度笠」でそれまでの脇役から初めて主役に抜擢され、同番組のスポンサー前田製菓のクラッカーを持ち、「俺がこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー!」というギャグが大当たりして(今とは時代が違いますから、こんなダジャレでも大ウケしたんです)お茶の間の人気者となりました。

番組も一時は視聴率が60%を越えるほどの大ヒットとなり(今とは時代が違いますから)、まさしく“当たり”役となったのです。

とは言えさすがにそれ程の大人気がいつまでも続く筈はなく、番組末期には視聴率も3〜4%台まで低迷して「てなもんや一本槍」「てなもんや二刀流」と続いた続編でも巻き返しは図れぬまま「てなもんや」シリーズは71年2月に終了となります。

 

藤田まことさん自身の人気も下降し、世間からも忘れられかけて地方のキャバレーの巡業に出ていた1973年、朝日放送のプロデューサーから電話で時代劇出演のオファーを受けます。それが「必殺仕掛人」ヒットの後を受けて制作された必殺シリーズ第2作「必殺仕置人」の中村主水(なかむらもんど)役でした。

世間にコメディアンのイメージがついていた藤田まことさんを殺し屋役に起用した理由は、「てなもんや三度笠」の「腕と度胸は強いが人情と女には弱い」という役どころが、「一見情けない男だが実は腕利きの殺し屋」という中村主水のイメージにぴったりだったからなのです。

そういった硬軟合わせた二面性が受けて、主役ではなかった中村主水が以降続く「必殺シリーズ」を陰で支える人気キャラクターとなりました。

シリーズ第10作「新・必殺仕置人」では中村主水藤田まことの名前が出演者のクレジット上でトップとなり、第15作「必殺仕事人」でとうとう主役となったのです。

以降も「必殺シリーズ」は「必殺仕舞人」「必殺渡し人」「必殺仕切人」など別のキャラクターを主役に据えたシリーズが放送されましたが“必殺と言えば仕事人”と言われる程「必殺仕事人」は代表的な作品となり、断続的に何本も続編が制作されました。

藤田まことさんはまたも当たり役に恵まれ、ヒット作に恵まれたという事になりますね。

(余談ですが毎回「婿どの!」のセリフで中村主水をたしなめる姑役の菅井(すがい)きんさんもなめらかネームでした。)

しかしそれだけでは終わりません。15年続いた「必殺シリーズ」が一旦の終了を迎えた後、「はぐれ刑事純情派」の出演が決まります。

いわゆる“刑事モノ”の割に派手なアクションシーンもなく、「必殺シリーズ」の様な“見せ場”もなかった為に藤田さん自身も「ヒットしないだろう」と思っていましたが、じわじわと半年おきに新作が放送されて「なんやかんや」で18年にも渡って続いた人気シリーズとなったのです。

これは褒め言葉として捉えてもらいたいのですが、藤田まことさんは決して“二枚目”ではありません。それでも母音ではなく文字で見ると(ふじたまこと)と、「ふじ」が入る“ふじさんネーム”でもあります。

この“ふじさんネーム”の俳優は「実力派」と呼ばれる方が多いのです。

blog.housoku.work

あとこれだけの当たり役やヒット作に恵まれたのですから、やはり本名も芸名も“なめらかネーム”だった俳優運の強さが生んだ結果と言えるのではないでしょうか。

 

この様に有名人のお名前を母音や文字に注目して分析すると、名前のタイプによって芸能界のどのジャンルに向いているかが見えてくるのです。

もっと詳しく知りたいと思った方はこちらをご覧下さい。

これからもいろんな芸能人の方を、名前の特性とともにご紹介していくつもりです。

 

ではまた次回をお楽しみに。

 

津川雅彦さん【お名前診断】[母音占い]

勝手にお名前診断 (第272回)

 

この「勝手にお名前診断」では、有名人をお一人ずつ紹介すると共に「名前の法則」的見地から、芸能界のどのジャンルに向いているかなどの適性を診断していこうと思います。

 

第272回目の今日は津川雅彦さんです。

このお名前は芸名です。

 

ローマ字で書くとTSUGAWA MASAHIKOとなり、

苗字の最後と下の名前の最初の母音が同じ「ア」である事がよくわかります。

この様なお名前を「名前の法則」の世界では、苗字と下の名前のつながりがなめらかで言いやすい事から“なめらかネーム”と呼びます。

“なめらかネーム”の特徴は男女を問わず俳優業に強く、ヒット作や当たり役に恵まれやすいという特性があります。

blog.housoku.work

歌舞伎俳優の四代目澤村國太郎(さわむらくにたろう)さんを父に、女優のマキノ智子(ともこ)さんを母に持つ芸能一家に生まれた津川雅彦さんは、兄の長門裕之(ながとひろゆき)さん同様、幼少期から子役として度々映画に出演していました。

本名は加藤(かとう)雅彦といいます。当時は本名と父の“澤村”を冠した澤村マサヒコという名義を使い分けていました。

1956年に「狂った果実」が映画化される際、主演の石原裕次郎(いしはらゆうじろう)さんの弟役に、原作者の石原慎太郎(いしはらしんたろう)さんの強力な推薦によって選ばれ、16歳の時のこの作品が本格的な俳優デビューとなりました。

芸名の“津川”も石原慎太郎さんの小説「太陽の季節」に登場する主人公“津川竜哉”から命名されたというのですから、相当な気に入られようだったのでしょう。

(ちなみに映画版「太陽の季節」で主人公“津川竜哉”を演じたのは兄の長門裕之さんでした。)

本当は新聞記者になりたかった津川雅彦さんでしたが、「狂った果実」がヒットした為に注目されて続々と俳優の仕事が舞い込んでくる様になります。本人がそれほど望んでいなくても、なめらかネームはヒット作に恵まれやすいのです。

しかし69年にデヴィ・スカルノさんとの不倫報道が流れ、世間の評判が悪くなってそれまでの仕事が激減してしまいました。

窮地に立たされていたところ、72年に時代劇「必殺仕掛人」で演出家から「世間から嫌われているんだから殺される役をやれ」と言われて悪役に挑戦し、再び注目を浴びるきっかけとなりました。以降続く「必殺シリーズ」の常連悪役となり、津川さんにとってもそれまでの二枚目役とは違う憎まれ役を演じる事で多くを学び、演技の幅が広がっていったそうなのでこれも当たり役に恵まれたと言えるでしょう。

73年には女優の朝丘雪路(あさおかゆきじ)さんと結婚して芸能界きっての“おしどり夫婦”と呼ばれ、以後45年も連れ添う事となります。

 

俳優としても軌道に乗り始め、NHKの朝ドラや大河ドラマにも数多く出演しました。特に大河ドラマなどの時代劇では徳川家康、綱吉など徳川家の将軍を演じる事が多く、これも当たり役と言えるでしょう。

映画では「お葬式」「マルサの女」などの伊丹十三(いたみじゅうぞう)さん監督作品、「ひとひらの雪」「別れぬ理由」「桜の樹の下で」などの渡辺淳一(わたなべじゅんいち)さん作品など“お得意様”を増やしていきました。もちろん確かな演技力があったのでリピート(何度もキャスティング)されたという事です。

また個人ではおもちゃ販売会社「グランパパ」を設立したり、競馬好きが興じて馬主となり自分の名前「マサヒコ」をつけたりと、俳優業以外に様々な経営・事業などに進出していました。

その点は本名の加藤雅彦“ノーペアネーム”だった為の「不安定」さが出ていたのかも知れません。

blog.housoku.work

また60代半ばとなった2006年には「寝ずの番」で映画監督に挑戦し、紫綬褒章を受章しました。

この時には叔父にあたるマキノ雅弘(まさひろ)さんが映画監督として名を上げていた事からそれにあやかろうと、マキノ雅彦という名義を使いました。

母音ではなく文字で見ると(きのさひこ)と、「ま」が2つ入る“ワンモアネーム”になります。

俳優以外に映画監督としても成功したのですから“ワンモア”な活躍と言えますね。

blog.housoku.work

本名の“加藤”、子役の頃に父の芸名を授かった“澤村”、石原慎太郎さんから命名された“津川”、母と叔父から譲り受けた“マキノ”と、苗字だけで4つの名前を使い分け、それぞれの特性を活かした方だったのです。

 

2018年4月に妻の朝丘雪路さんに先立たれ、後を追う様に同年8月、心不全の為78歳で亡くなられました。葬儀(お別れの会)は合同で行われ、たくさんの花が飾られた色とりどりの祭壇にはお二人の笑顔の写真が並んでいました。

改めてご冥福をお祈りいたします。

 

この様に芸能人のお名前を母音や文字に注目して分析すると、名前のタイプによって芸能界のどのジャンルに向いているかが見えてくるのです。

もっと詳しく知りたいと思った方はこちらをご覧下さい。

これからもいろんな芸能人の方を、名前の特性とともにご紹介していくつもりです。

 

ではまた次回をお楽しみに。

 

田村正和さん【お名前診断】[母音占い]

勝手にお名前診断 (第271回)

 

この「勝手にお名前診断」では、有名人をお一人ずつ紹介すると共に「名前の法則」的見地から、芸能界のどのジャンルに向いているかなどの適性を診断していこうと思います。

 

第271回目の今日は田村正和さんです。

このお名前は本名です。

 

ローマ字で書くとTAMURA MASAKAZUとなり、

苗字の最後と下の名前の最初の母音が同じ「ア」である事がよくわかります。

この様なお名前を「名前の法則」の世界では、苗字と下の名前のつながりがなめらかで言いやすい事から“なめらかネーム”と呼びます。

“なめらかネーム”の特徴は男女を問わず俳優業に強く、当たり役に恵まれやすいという特性があります。

blog.housoku.work

大正から昭和にかけて活躍した歌舞伎俳優、阪東妻三郎(ばんどうつまさぶろう)さんの三男として生まれた田村正和さんは、幼い頃から何となく父と同じ仕事をしたいと考えていました。

9歳の時に父・阪東妻三郎さんは亡くなりましたが、その思いがどこかに残っていたのでしょう。先に俳優デビューしていた長男の田村高廣(たかひろ)さんが主演した映画「旗本愚連隊」の撮影を見学に行った際に出てみないかと薦められ、1960年に端役ながら17歳で映画に初出演しました。

翌年映画会社の松竹と専属契約して、本格的に俳優としての活動をスタートさせます。

四男の田村亮(りょう)さんも芸能界に入って俳優デビューした為、“田村三兄弟”と世間では呼ばれていましたが、次男の田村俊磨(としま)さんは俳優には興味を示さずサラリーマンとして働いていたので実際には四兄弟です。

 

66年までは学業との両立をはかり、大学卒業を機に松竹からフリーとなりましたが、すぐに大きな仕事が舞い込んでくる事はなく、しばらくは脇役ばかりの日々が続きます。

70年にそれまで交際していた一般女性と結婚すると、その年出演したテレビドラマ「冬の旅」でようやく世間の注目度が上がり、以降は二枚目の役が多くなりました。

そして72年に時代劇「眠狂四郎」の主演が決まり、「この作品を代表作にしたい」と意気込んだ田村正和さんは東京の自宅を引き払って、撮影が行われた京都に移り住みました。

そんな甲斐もあって時代劇を見る世代の新たなファン層を取り込み、特に多くの女性ファンを獲得する事となったのです。

 

80年代に入ると時代劇の二枚目役とは打って変わったコメディタッチのホームドラマにも挑戦、「うちの子にかぎって・・・」や「パパはニュースキャスター」などが高視聴率を記録して新境地を切り開きました。

下の名前(まさず)には「か」が入るので自分に厳しくなる“お・か・きネーム”でもあります。

blog.housoku.work

二枚目しか出来ないのでは役者として失格ではないかと自分を追い込んでいたのでしょう。

またNGをほとんど出さなかった事も有名であり、セリフは撮影に入る前に完璧に頭に叩き込んでいたそうです。

トレンディドラマが流行りだした80年代後半には「ニューヨーク恋物語」でまたぐっと渋い二枚目を演じ、主婦層の女性ファンを魅了しました。

 

そして94年、後にシリーズ化され真の代表作となる「古畑任三郎」(第1シーズンのみ「警部補 古畑任三郎」)に主演します。

脚本家三谷幸喜(みたにこうき)さんの意地悪ではないかと思えるほどの長いセリフを流暢にまくし立て、難事件を解決するドラマは正に痛快であり、田村正和さんにしか出来ないハマり役(当たり役)だったと言えるでしょう。

その独特な口調を真似するタレントも増え、新たなモノマネの定番ともなりました。「眠狂四郎」や以前のドラマを知らない世代にとって、田村正和古畑任三郎となったのです。

毎回犯人役で登場する大物ゲスト(俳優だけではなかったので敢えてゲストと書きます)と古畑との対決も見もので、回を重ねる毎に視聴率は上昇していきました。

余談ですがこの作品で古畑の部下“今泉巡査”を演じ俳優としてブレイクした西村雅彦(にしむらまさひこ)さんも“なめらかネーム”です。

 

◉“俳優”であるが故に

 

普段は無口で撮影以外ではほとんど喋らないと言われていた田村正和さんが、「古畑任三郎」では饒舌に喋っていたのは昔ながらの俳優気質だったからと思われます。

“なめらかネーム”の俳優は決められたセリフを覚えたり喋ったりするのは得意なのですが、自由に喋っていいよと言われると喋れなくなるシャイな方が多いのです。

田村正和さんはその代表的な方であり、だからドラマ以外のバラエティー番組などにはほとんど出演が無かったのです。プライベートを一切見せない姿勢も“夢を売る仕事”と捉えていたからであり、俳優の本来あるべき姿を体現していたと言えます。

 

70代に入った2013年頃からは仕事をセーブする様になり、2018年に放送された「眠狂四郎The Final」が最後の出演作品となりました。

3年後の今年4月、心不全の為77歳で亡くなった事を思うと、最後まで俳優として生き抜いた見事な生き様だったと言えるでしょう。

改めてご冥福をお祈りいたします。

 

この様に芸能人のお名前を母音や文字に注目して分析すると、名前のタイプによって芸能界のどのジャンルに向いているかが見えてくるのです。

もっと詳しく知りたいと思った方はこちらをご覧下さい。

これからもいろんな芸能人の方を、名前の特性とともにご紹介していくつもりです。

 

ではまた次回をお楽しみに。

 

山下智久さん【お名前診断】[母音占い]

勝手にお名前診断 (第270回)

 

この「勝手にお名前診断」では、有名人をお一人ずつ紹介すると共に「名前の法則」的見地から、芸能界のどのジャンルに向いているかなどの適性を診断していこうと思います。

 

第270回目の今日は山下智久さんです。

このお名前は本名です。

 

ローマ字で書くとYAMASHITA TOMOHISAとなり、

フルネームの最初と最後の母音が同じ「ア」である事がよくわかります。

この様なお名前を「名前の法則」の世界では、最初の母音に戻るという意味で“リターンネーム”と呼びます。

blog.housoku.work

リターンネームの男性はアイドル性が高くなる傾向があります。なのでジャニーズ事務所の中でも際立った存在となり、アイドルの中のアイドルとなり得るのです。

 

滝沢秀明(たきざわひであき)さんに憧れていた山下智久さんは11歳の時、母親に頼んでジャニーズ事務所に履歴書を送ってもらいました。

しばらくは週末のレッスンに呼ばれたり呼ばれなかったりの日々が続きましたが、骨折をした際にギプスをして番組の収録に参加していた姿を見た先輩たちから「根性(ガッツ)のある奴」と認められ、次の週からは毎週呼んで貰えるようになります。

ジャニーズJr.時代はKinki Kidsの専属バックダンサーを務める一方、「池袋ウエストゲートパーク」や「ランチの女王」などのドラマにも出演していました。

またジャニーズJr.の初代リーダーだった滝沢秀明さんに後継者として目をかけられ、二代目リーダーにも任命されます。

そして2003年9月、高校在学中の18歳の時に新グループNEWSの一員に選ばれ、「NEWSニッポン」でCDデビューを果たしました。

このNEWS(ニュース)というグループ名は最初と最後の母音が同じなので“リターンネーム”(1つの母音だけで構成されているので“ストレートネーム”)です。

“リターンネーム”のグループは継続性が強くなるので、最初の人数(9人)から3分の1になった現在でも存続していますね。(皮肉の意味はありませんよ)

 

NEWSの中心メンバーとしてだけでなく、2005年にはドラマ「野ブタをプロデュース。」で共演したKUT-TUNの亀梨和也(かめなしかずや)さんとのユニット、修二と彰でも青春アミーゴが大ヒットしました。

亀梨和也(KAMENASHI KAZUYA)さんも最初と最後の母音が同じ「ア」なのでリターンネームです。この2人が組んだユニットですから大ヒットも頷けますね。

その翌年にはソロデビュー曲の抱いてセニョリータも80万枚を超えるヒットとなり、グループ主流となっていたジャニーズの中で香取慎吾(かとりしんご)さんの“慎吾ママ”や草彅剛(くさなぎつよし)さんの“チョナン・カン”など別名義(いわゆる企画もの)を除いては、ソロとして久々の成功を収めました。

更にドラマでも「クロサギ」や「プロポーズ大作戦」「コード・ブルー –ドクター・ヘリ救急救命–」「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」などで次々と単独主演を果たし、俳優としてもひとり立ちしました。中でも「コード・ブルー」は好評につき3rd season までシリーズ化し、劇場版まで制作される程の代表作となったのです。

 

もうこの時点でNEWSというグループの枠には収まらない存在となり、やはりと言うか遂にと言うか、2011年にNEWSを脱退してソロのアイドルになります。

ソロになった直後、ドキュメンタル番組「山下智久ルート66〜たった1人のアメリカ」でアメリカ大陸を横断し、現地の人々とコミュニケーションを取る為に生きた英語を学びました。その体験が後の活躍につながっていくのです。

 

“リターンネーム”は海外進出運の強い名前です。

2016年に中国映画「サイバーミッション」(日本公開は2019年)で海外作品に初出演し、本格的なアジア進出を果たします。

更に2019年には国際ドラマ「THE HEAD」にメインキャストとして、スペインなどで3ヶ月にも及んだ海外ロケに通訳もマネージャーもつけずに単身で参加し、全編英語の役に挑戦しました。そのドラマのエンディングテーマとなった「Nights Cold」が海外で配信され、歌手としても世界デビューを果たしたのです。

また撮影を通してウィル・スミスのマネージャーと知り合い、息子のジェイデン・スミスを紹介された後、ウィル・スミス本人とも友達になりました。もちろん通訳など介さず身につけた英語で直接話し、逆に日本語を教えるほど堪能だったそうです。

 

そして遂に2020年、本格的に世界進出を果たす為にジャニーズ事務所からも独立しました。

来年公開予定のハリウッド映画「THE MAN FROM TORONTO」の撮影を終え、現在は初主演となる海外ドラマの撮影に取り組んでいます。もうジャニーズ事務所や日本の枠に収まらない存在となったのですね。

Jr時代やNEWSの時代からファンだった方には手元を離れていくようで少しさみしいかも知れませんが、11月には肉体美を披露した写真集が発売されるそうなのでそちらを楽しみに待ちましょう。少々お値段お高いらしいですけど・・・。

 

この様に芸能人のお名前を画数ではなく母音や文字に注目して分析すると、名前のタイプによって芸能界のどのジャンルに向いているかが見えてくるのです。

もっと詳しく知りたいと思った方はこちらをご覧ください。

これからもいろんな芸能人の方を、名前の特性とともにご紹介していくつもりです。

 

 ではまた次回をお楽しみに。

 

野沢直子さん【お名前診断】[母音占い]

勝手にお名前診断 (第269回)

 

この「勝手にお名前診断」では、有名人をお一人ずつ紹介すると共に「名前の法則」的見地から、芸能界のどのジャンルに向いているかなどの適性を診断していこうと思います。

 

第269回目の今日は野沢直子さんです。

このお名前は本名です。

 

ローマ字で書くと=NOZAWA NAOKOとなり、苗字の最後と下の名前の最初の母音が同じ「ア」である事がよくわかります。

この様なお名前を「名前の法則」の世界では、苗字と下の名前のつながりがなめらかで言いやすい事から“なめらかネーム”と呼びます。

また、フルネームの最初と最後の文字の母音が同じ「オ」である事もよくわかります。

この様なお名前を、最初の母音に戻るという意味で“リターンネーム”と呼びます。

つまり野沢直子さんは、なめらかネームとリターンネームの両方に該当します。

このタイプのお名前を、同じ母音のペアが2つ出来る事から“ツーペアネーム”と呼びます。

blog.housoku.work

1983年、高校生の時に(ところ)ジョージさん司会の素人参加番組「ドバドバ大爆弾」に出演し、その様子が面白いとスカウトされて芸能界に入りました。

まず“なめらかネーム”の女優向きの性質が作用したのか、劇団テアトルエコーに入団しますが、芸風が合わなかった為にあっさり退団します。

その後叔父にあたる声優の野沢那智(のざわなち)さんの紹介(コネ)で吉本興業に所属する事となり、本格的にタレント活動を開始しました。

 

生まれつき“リターンネーム”の女性はよく喋る方が多く、人を笑わせる事が好きなタイプも多いのです。

皆さんも学生時代を思い出してください。クラスに1人くらいはよく喋って人を笑わせてばかりの女子がいたでしょう。その人のフルネームは最初と最後の母音が同じだった筈です。(違ってたらごめんなさい。)

吉本興業は水が合ったのか、野沢直子さんは持ち前の話術と奇抜なファッションが受けてキャラクターが立ち、たちまち人気タレントとなりました。

“なめらかネーム”の目立ちたがりで物怖じしない性格の為、「笑っていいとも!」のレギュラーに選ばれても大先輩のタモリさん相手に臆する事なく絡んでいきます。

「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!」でも当時フリーアナウンサーに転向したばかりの、司会の逸見正孝(いつみまさたか)さんを翻弄し(上手く転がし)、面白い一面を引き出していました。

“リターンネーム”はバラエティー運の強い名前でもあります。

お笑い第3世代とされるダウンタウンウッチャンナンチャンと同年代だった事もあり「夢で逢えたら」のレギュラーにも選ばれました。この番組への出演が地位を揺るぎないものにしたと言っていいでしょう。

現在女性芸人(タレント含む)が活躍する道筋を作ったと言っても過言ではないかも知れません。

また、リターンネームは女性歌手運の強い名前であり、なめらかネームはラブソング以外の歌に強い傾向があります。

人気に乗じて冗談半分で(売れたら儲けもの的な)感覚で出したアルバム「はなぢ」に収録された、俳優の大和田獏(おおわだばく)さんの名前を連呼するだけの「おーわだばく」が話題となって、なかなかのヒットとなりました。

ええ、大ヒットとまではいきません、なかなかのヒットです。調子に乗って第2弾の「ふかづめ」など、計4枚のアルバムが発売されたぐらいですから。

 

しかしそんなタレントとして大成功を収めていた最中の1991年、突如単身渡米する事を企てます。

“リターンネーム”は海外進出運の強い名前、いや海外進出欲の強くなる名前なのかも知れません。

3月に全てのレギュラー番組を降板し、アメリカ(サンフランシスコ)に移住してしまいました。

その海外進出は決して成功と言えるものではなかった様で、93年に「夢で逢えたら」の特番でダウンタウンウッチャンナンチャン清水(しみず)ミチコさんが逢いに行った時には、小さなライブハウスでパンクロックバンドを率いて、なぜか猿の被り物を着てシャウトしていたのですから。

でもまぁ、本人がそれをやりたがっていたのなら問題はないでしょうし、そこで知り合ったバンド仲間と結婚した事を思えばそれで幸せだったのかも知れません。

ちなみに結婚後の本名はナオコ・オークレアー(Naoko Auclair)で、「名前の法則」的に見るとこちらも“ツーペアネーム”です。まぁ、これは単なる偶然でしょう。

 

現在は「出稼ぎ」と称して毎年一時期だけ(子供が夏休みに入る時期に)帰国して様々な番組に出演しています。

吉本坂46に加入(既に卒業)したり、娘の真珠(しんじゅ)野沢オークレアーさんも格闘家として活動するなど、まだまだ話題には事欠かない様です。

 

この様に芸能人のお名前を画数ではなく母音に注目して分析すると、名前のタイプによって芸能界のどのジャンルに向いているかが見えてくるのです。

もっと詳しく知りたいと思った方はこちらをご覧ください。

これからもいろんな芸能人の方を、名前の特性とともにご紹介していくつもりです。

 

ではまた次回をお楽しみに。

 

オノ・ヨーコさん【お名前診断】[母音占い]

勝手にお名前診断 (第268回)

 

この「勝手にお名前診断」では、有名人をお一人ずつ紹介すると共に「名前の法則」的見地から、芸能界のどのジャンルに向いているかなどの適性を診断していこうと思います。

 

第268回目の今日はオノ・ヨーコさんです。

このお名前は本名で、漢字では小野洋子と書きます。

 

ローマ字で書くとONO YOKOとなり、

苗字の最後と下の名前の最初の母音が同じ「オ」である事がよくわかります。

この様なお名前を、苗字と下の名前のつながりがなめらかで言いやすい事から“なめらかネーム”と呼びます。

また、フルネームの最初と最後の母音が同じ「オ」である事もよくわかります。

この様なお名前を、最初の母音に戻るという意味で“リターンネーム”と呼びます。

つまりオノ・ヨーコさんのお名前は、なめらかネームとリターンネームの両方に該当します。

更に「名前の法則」での判断基準となる4つのポイントが全て同じ母音ですので、

このタイプのお名前を、トランプ(ポーカー)の役にかけて“フォーカードネーム”と呼びます。

blog.housoku.work

更に名前を構成する文字の母音が全て同じ「オ」なので、縦の移動がない横一線の“ストレートネーム”になります。

苗字か下の名前のどちらかだけを芸名にしている“ショートネーム”では絢香(あやか)さんなどがいますが、フルネームでこのタイプは滅多にいません。亡くなられた樹木希林(きききりん)さんぐらいではないでしょうか。

冒頭からなんとかネームのオンパレードになってしまいましたが、それだけ希少な良い名前という事です。

 

皆さんはオノ・ヨーコさんと聞くと、元ビートルズジョン・レノンの奥さんという印象しかないのではないでしょうか。(実は私もそうでした)

※当ブログでは外国人の名前に日本の敬称「さん」は付けない方針です。

なので「ジョン・レノンを呼び捨てにするな!」という書き込みはしないでください。

ついでにお断りしておきますが、グループ名・団体名にも「さん付け」はしない方針、いやそもそも付ける必要はないものと考えています。

なのでビートルズにも(スピッツにも)「さん付け」はしない事をご理解頂いた上でお読みください。

 

前置きが長くなってしまいました。そろそろ本題に入りましょう。

オノ・ヨーコさんは1933年に東京で生まれ、銀行員だった父親の転勤先(サンフランシスコやニューヨーク)と日本を行ったり来たりの生活をしていました。

そんな中で20歳の時にニューヨークのサラ・ローレンス大学に入学し、詩や音楽を学ぶようになります。リターンネームは音楽・芸術に対して嗜好が強くなる傾向がある名前なのです。

その大学で知り合った一柳 慧(いちやなぎとし)さんという、後に作曲家となる方と一度目の結婚をし、前衛芸術活動を始めました。

ニューヨークでは、床に置かれたキャンバスを客が踏みつける事で完成する「踏まれるための絵画」などが高い評価を受けていたそうです。

1962年に帰国し、観客が彼女の衣装をハサミで切り取るパフォーマンス「カット・ピース」などを披露しましたが、当時の日本は前衛芸術に慣れていなかった為に評価は低く、評論家からは批判も受けました。

母音ではなく文字で見ると(のようこ)と、「お」の字が入る“お・か・きネーム”でもあります。このタイプは自分に厳しく、時には自分を追い込み過ぎてしまう事があります。

blog.housoku.work

日本で認められなかった事で自分を責めてしまったのか、自殺を謀って未遂に終わった挙げく精神病院に入れられてしまいました。

 

そんな絶望の淵に立たされたオノ・ヨーコさんを救ったのは、彼女の芸術に憧れて来日したアメリカの映像作家アンソニー・コックスでした。どんな言葉を使ったかはわかりませんが、彼女を口説き落として退院させたそうです。

やがて二度目の結婚をしようとしたものの一柳 慧さんとの離婚が法的に成立しておらず、一度「無効」とされた後にようやく結婚に漕ぎつけました。

そしてアンソニーとの間に娘(キョーコ・チャン・コックス)が生まれます。

しかし1966年から芸術活動の為イギリスのロンドンに拠点を移すと、ジョン・レノンと関係を持ち始めてしまうのです。アンソニー・コックスとは69年に離婚しますが、娘の親権をアンソニーが強く主張して法廷でも争う事となった為、やむ無く親権を譲る覚悟を決めました。

そうしてアンソニーとの離婚から一ヶ月半後、ジョン・レノンと三度目の結婚をします。

アメリカではミドルネームを入れる事も可能で、結婚後の本名はヨーコ・オノ・レノンになりました。

ジョン・レノンと結婚した事で一躍有名になり、ある意味世界中で一番名前を知られた日本人だったかも知れません。またその頃からプロとしての音楽活動も始め、70年代前半には4枚のソロ・アルバムを発表しています。

ただ結婚前後の二人の活動が世間からは奇妙なものと映った為か、「ビートルズを解散させた女」との批判を受ける事もありました。

二人は反戦活動に力を入れ、ジョン・レノンはアルバム「イマジン」を発表、オノ・ヨーコさんは反戦デモに参加するなど世界平和の為に紛糾します。

やがて1975年、息子のショーン・レノン(正式にはショーン・タロー・オノ・レノン)が誕生しました。しばらく二人は育児の為に活動を休止していましたが、ショーンが5歳になったのを機に音楽活動を再開し、二人の共作によるアルバム「ダブル・ファンタジー」を発表します。

しかしその直後の80年12月8日、自宅前でファンを装った男に銃で撃たれ、ジョン・レノンは命を落としてしまったのです。

最愛のパートナーを失ったオノ・ヨーコさんは悲しみを乗り越え、その意思を継ぐかの様に音楽活動・反戦活動を続けました。

 

こんなにも愛と芸術に生きた波乱万丈の人生を歩んでこられた方だったのですね。

そして88歳になった今もTwitter核兵器廃絶を訴えています。

平和への祈りは終わる事はないのでしょうか。

 

この様に有名人のお名前を画数ではなく母音や文字に注目して分析すると、名前のタイプによって芸能界のどのジャンルに向いているかが見えてくるのです。

もっと詳しく知りたいと思った方はこちらをご覧下さい。

これからもいろんな有名人の方を、名前の特性とともにご紹介していくつもりです。

 

ではまた次回をお楽しみに。